オートフィルムの施工・販売は丸勝まで

MARUKATU

株式会社丸勝

トップページトップページオートフィルム製品一覧オートフィルム製品一覧オートフィルム価格一覧オートフィルム価格一覧施工・購入申し込み方法施工・購入申し込み方法オートフィルム質問と答えオートフィルム質問と答えオートフィルム動画紹介オートフィルム動画紹介お問い合わせお問い合わせ

オートフィルム取扱い上の注意点

道路運送車両の保安基準
道路運送車両の保安基準
フロントガラス、フロントサイドガラスの可視光線透過率はオートフィルムを貼った状態で70%以上でなければなりません。また3Mスコッチティントオートフィルム クリスタリンは上記3つのガラスには保安基準により貼ることができません。

施工店に行く前に確認しておくこと
施工店に行く前に確認しておくこと
事前に内張が邪魔にならないか、型取りに邪魔になる物が付いていないか、変色して透明になったオートフィルムが貼り付いていないかなどを確認しておく必要があります。

施工後の窓の開閉について
施工後の窓の開閉について
施工後のドアスライドガラスなどの開閉は、2~3日は避けて下さい。

擦ったりしないで下さい
擦ったりしないで下さい
フィルム表面には傷がつきにくい耐磨耗性処理がされていますが、傷付けやすい硬いものでこすることは避けてください。

粘着テープ等の扱いは避けてください
粘着テープ等の扱いは避けてください
粘着テープなどをフィルムの表面に貼ることは避けてください。

年数経過による劣化について
年数経過による劣化について
車の駐車されている場所や状況や、使用環境が過酷な場合、寿命が短くなったり、外観や性能の劣化が生じることがあります。サンルーフ等の場合や色付きガラスへ施工した場合は、若干短くなる傾向があります。

繰り返しフィルムを貼る・はがす場合
繰り返しフィルムを貼る・はがす場合
何度も繰り返し、フィルムの貼り・はがしを繰り返していると、熱線の表面を粘着剤で傷つけてしまうことがあります。はがされる際は、施工を行った施工店にご相談ください。